ペラサイトに直帰率なんて関係ねぇって本当?

ペラサイト初心者指南
Raven
Raven

ヤッハローRavenだよ。

今日はペラサイトに直帰率は関係するのか?について解説していくぜ!

よくサイトの直帰率が高いとGoogleから低品櫃なコンテンツに認定される。

なんていう話聞いたことないかな?

でも直帰率ってのはあくまで複数ページあるサイトで他のページを見ずに

そのサイトから出ていってしまう事を指すわけだ。

なので正確にはペラサイトの場合は、離脱率になるわけだw

しかも離脱率は100%近い(まれに運営者情報とか見る人もいるから100%ではない)

だからペラサイトにおいて直帰率なんていうのは全くもってどうでもいいわけだ。

てことで答えは簡単!

ペラサイトにおいて直帰率なんて関係ねぇし気にすんじゃねぇって事。

ただペラサイトにおいてもし複数記事を入れた場合は直帰率ってのが関係してくる。

もしペラサイトにイラナイ記事、読まれない記事を入れておくと順位が下がる場合もある。

だからむやみやたらに記事を追加すればいいってもんでもない訳だよね。

そしてペラサイトが短命だと言われる理由もそこだ。

ドメインパワーが無いからちょっと強いサイトが来るとすぐに抜かれてしまう。

だからこそペラサイトを作る場合はより強豪がいないワードで

サイトを作っていかなければならない。

ペラサイトで順位を維持するためにすべきこと

じゃぁペラサイトはドメインパワーもつかないし、複数記事もむやみに入れられないなら

ひたすら順位が抜かれるのを見ているだけなのかと言えばそうでもない。

出来る事、やるべきことはちゃんとあるんだ。

そのやるべき事とは・・・・この続きは有料記事で!!

 

Raven
Raven

なんて事はRaven言いませんw

しっかり説明していくぜ!!

まずは自分のペラサイトを見たあと直帰離脱したユーザーはどこにいったのかが重要になる。

それをチェックする為にはGooglechromeの拡張機能でもある

Extract People also search phrases in Googleって機能をPCにインストールする事だ。

これを入れておくと自分のサイトを見た人が次にどんなキーワードのサイトを探したのか?

どんな情報が知りたいのか?っていうのが一目でわかるようになるんだ。

まぁどんなもんなんかは実際に見てもらえば一目瞭然かな?

例えばの例を挙げると、お嬢様酵素+評判っていうキーワードをGoogleで検索すると

こんな風に表示されるのが普通だよね。

でもさっき言った拡張機能を入れると検索結果はこうなる。

 

分かりやすいように赤枠で囲ってみたけど、

こんな感じでそのサイトを見た人が次にどんな検索をしたかがわかるようになるんだ。

だから自分のサイトが上位表示している場合や、記事が読まれていれば検索結果に

離脱後にユーザーがどこに行ったのかが目に見えて分かるわけだ。

こういう場合は、自分のサイトを見た人が次にどんな情報が欲しかったのか?

が判るわけだからそのキーワードで記事を追加してあげればいい。

こうする事でまったく読まれない2ページ目って言う直帰率を回避する事も出来るし

サイトの評価自体も上がらないまでも下がるのを食い止める事が出来るかもしれない。

さらに突き詰めれば自分以外のサイトで上位表示されているサイトを見た人が

そのサイトでは答えが見つからず他の記事を探しているって事も同時にわかるわけだから

もしライバルが少ないようならその記事を書くのもいいかもしれないね。

ペラサイトで直帰率何か気にするんじゃない

まぁ結局の所やる事は一応書いては見たけど、

結局の所ペラサイトなんていずれば抜かれる運命よw

ちょっとばっかし売れたからってそのサイトに執着したり固執するよりも

ハイハイ次々って感じで量産していった方が気が楽ってもんだぜw

案件なんかいくらでもあるんだしな。

 

 

Raven
Raven

てなことで今回は以上!またな

コメント