特別給付金を受け取らないと言う選択肢

特別給付金 受け取らない 雑記
Raven
Raven

こんちゃRavenだよ。

今日は給付金を受け取らないって人が身近にいたんで

何故そういう選択をしようとしたのかを聞いてみたよ。

元々、新型コロナウイルスの感染拡大にともなう緊急経済政策の柱として打ちだされ、

政府が配る一人一律10万円の現金給付は、20年度の国家予算の12%程度に相当するほどの

金額を経済を止めないため、回すために配る事を決めたのがこの特別給付金だ。

多くの方がこの給付金をどう使うか?を検討しているわけだが

一部の方(1%未満だと言われている)は取らないと言う選択肢を選んでいるらしい。

受け取れないのではなく受け取らないとは一体どういうことなのか?

知人に受け取らないなんてほざく奴がいたんでその理由を聞いてみた。

特別給付金を受け取らない理由

さて、私の知人だが、給付金を受け取らない理由としてこんな事をいっていた。

「だって給料変わってないし、生活にも困ってないからもらうのが申し訳ない」

なんという事だ・・・彼は自分が困っていないから受取らないと言ってのけたのだ!

そもそもが給付金に対する考え方が間違っている。

この特別給付金は決して配った人間に対する生活費の支援が目的ではない。

給付金として配った10万円をみんなに使ってもらって経済を回すための施策だ。

なので、当人が生活に余裕があるとかいう問題ではないのだ。

とはいえ、特別給付金を受け取らない選択をした方は、受け取らない理由として、

困っている人たちに支援して欲しいとか、自分が経済的に困っていないなど

自己が困っているかいないかで判断してしまっている方が多い様子だ。

特別給付金を受け取らない事に意味はない

しかしこの給付金を受け取らないと言う選択肢を選ぶ理由はまったく意味をなさない。

今回、政府が緊急経済対策として給付した10万円は受け取りを辞退したところで、

それがすぐ「今まさに困っている人たち」に回るわけではない

むしろ本当に困っていないなら積極的に生活費以外の場所でお金を使うべきだろう。

生活費とは家賃や電光熱費、携帯代、家庭での食費などだ。

他にもコロナの影響を受けていない業種には特にお金を使う必要はない。

10万円給付金を使わなくていい場所

スーパー・コンビニやドラッグストア、薬局など今回コロナの影響を受けなかった場所だ。

他にも通販での需要が伸びた本屋、雑貨、家電、なども

逆に巣ごもりで売り上げも伸びているので、

特別給付金の10万円を使う場所としてはあまり適さないと言えるだろう。

また募金や寄付などの選択肢も今回に限っては適していないだろう。

理由としては、募金や寄付したお金の使用の用途が把握できないためである。

何に使われるのかが分からないお金にしてはならない。

10万円給付金を使うべき場所

そして積極的にお金を使ってもらいたいのが、今回のコロナの影響で打撃を受けている

外食業界や旅館、旅行業界、サービス業界など外出自粛で収入減が断たれてしまい

本当に業界自体が苦しい状態に陥ってしまった場所である。

飲食店であれば、家の近所で積極的に外食をするなどで積極的にお金を使ってもらいたいし

旅行なんかも旅館の宿泊はもちろんの事、

レンタカーや飛行機などの移動手段などを積極的に利用してもらいたい。

ただし旅行に関しては今はまだ怖いと言う方もいるであろうから、

もうしばらくは様子見であろうか。

私の給付金10万円の使い方

ちなみに今回、私は10万円の使い道だが、まず家の近所で外食費として

3万円程度使い、残りの7万円で何をしようか悩んだ結果、選んだのが

【エグゼタイム】 と言う旅行が贈れるカタログギフトだ。

ようするに“旅”をカタログギフトで贈る事が出来るサービスなのだが、

これを普段なにもしてやっていない母親に送ったわけだ。

ちなみに下記の通り色んなカタログがあるのだが、

今回、この中の55,660円のカタログを送った。

▼EXETIME Part.1:6,160円
日帰り温泉やアクティビティなどの体験商品が贈れるコース。

▼EXETIME Part.2 :11,660円
食事付日帰り温泉やレストランでのお食事が贈れるコース。

▼EXETIME Part.3 :22,660円
日帰り温泉、ホテルの宿泊、ディナークルーズなど、こだわりギフトを贈れるコース。

▼EXETIME Part.4 :33,660円
温泉旅館の宿泊やゴルフ、産地直送グルメなどが贈れるコース。

▼EXETIME Part.5 :55,660円 ★一番人気!!
有名人気温泉旅館や五つ星ホテルの宿泊も可能なコース。

これなら給付金の使い道として旅館や外食、交通にお金が使われるし、

カタログギフトなのでコロナの収束を待ってから使う事が出来る!

そして何より普段なにもしてやれていない母親に親孝行ができる。

母親にはとても喜ばれたし、我ながらとても良い特別給付金の使い方を

したのではないかと自画自賛してみたりもした。

ちなみにカタログの使用期間は180日だがプラス2,000円で更に180日延長出来るので

有効期限は1年あるので安心だ。

ただおかしいのが・・・あと1万円ほど余っていたはずなのだが気がついたら無くなっていた。

おそらく馬券とかそんな感じでろくな使い方していないんだろうなぁとは思うが(笑

とまぁこんな感じで見事に10万円は瞬時に使いきった。

特別給付金は受け取らないのではなく受け取って使う

いずれにしても特別給付金は受け取らないのではなく、受け取って使う事が一番大事なのである。

なので経済的に余裕がある方は、貯金に回したりしない事。

受け取らないなどの愚行を行わない事。

もらった10万円は自分の為に使うのではなく、経済を回すために使いましょう。

もちろんこの特別給付金は所得ではない為、非課税!

なので安心して10万円使い切って欲しい。

ただし、今回のコロナの影響で仕事が減った、失ったと言う方はその限りではないですし

自分の生活の為、生き抜くために適切に使ってもらいたい。

そうやって皆で協力しながらコロナを乗り越えましょう。

 

 

 

コメント