2019年 LPGAスウィンギング・スカート台湾選手権で渋野日向子が初日から魅せる!

未分類

2019年プロ転向わずか1年目で、

 

・ワールドレディスチャンピョンシップ サロンパスカップ

・資生堂アネッサレディスオープン

・デサントレディース東海クラッシック

 

などLPGA国内ツアー3勝をあげ、

更には、日本人では42年ぶりの快挙となる

AIG全英女子オープンまで勝ってしまった

新世代の女王候補とも言える女子プロゴルファー渋野日向子。

 

 

2020年東京オリンピックの出場枠を見据えて、

上位に入賞すれば選考ポイントの高いとされる

LPGAスウィンギングスカート台湾選手権に今回、緊急参戦!!

 

もちろん2019LPGAツアーメジャーを勝っている世界の強豪

コ・ジンヨン、ハンナ・グリーン、李晶恩(イ・ジョンウン6)など

なだたるメンバーがひしめく中

渋野が初日から魅せるゴルフで初日から周囲の期待に応えた!!

渋野日向子

渋野日向子

Hinako Shibuno(20)

国旗
生年月日 1998/11/15 プロ転向 2018年
出身地 岡山県岡山市 身長/体重 165cm/62kg
国籍 日本 出身校 岡山県作陽高
通算勝利 日本 3勝 (国内メジャー 1勝) 米国 1勝 (海外メジャー 1勝)

 

1番ホールPAR4の2打目をショート

台湾特有の強風の中、2打目でグリーンを捉えられず

ショートしてしまった渋野日向子選手だったが、

グリーン手前のラフからの3打目をなんとチップイン!!

ピンチから一転、バーディを取り1アンダースタート!!

その後7番ホールまで我慢のゴルフが続き、

ようやく8番でバーディーで2アンダーに!!

この時点で、世界のなだたる強豪ひしめく中

8位タイと好スタートだったと言える。

 

更に9番でも8番に続き

連続バーディーチャンスにつけるが残念ながらパーをキープ

 

その後、11番でもバーディーを取り3アンダーに!!

ここまでノーボギーと安定したゴルフを魅せるが

14番でこの日初のボギーをたたく・・・

やはり世界はそんなに甘くないのかという空気の中

やっぱり渋野日向子は何かをもってる!

16番、17番で長い距離のパットを強気で打ち

カップの淵ににドカン!!と当てるように豪快にカップイン

特に17番の6メートルのパットをど真ん中に入れたのには

本人も気持ちよかったと振り返っていた。

 

うーん。しかし入ったからよかったけど

外してたらかなりオーバーだった様な(笑)

 

とは言え、連続バーディー!4アンダーに成績を伸ばした。

この時点で4位タイのスコアの渋野。

このまま18番パー5でバーディーなら一気に2位まで上がる!

ここまで、そんな期待を抱かせてくれる本当に素晴らしいゴルフだったが

最終18番のティーショットを左の池を意識するあまり

大きく右にそらしてトラブルショットになってしまった。

結果的に18番はボギーとなり、

最終的な初日の順位は8位タイと言う結果だった。

2019年 LPGAスウィンギング・スカート台湾選手権初日の順位結果

とは言え、世界の強豪相手に初日8位でのスタートは

渋野選手も、かなり手ごたえがあったのではないだろうか?

目が離せない展開だ。

 LPGAスウィンギング・スカート台湾選手権はWOWOWで全日放送!

2019年 LPGAスウィンギング・スカート台湾選手権が気になる!

見たいと思う方は多いと思うが、実はTVでの放送はされていない。

視聴できるのはWOWOWだけなので、渋野日向子選手の海外での試合を

今すぐ見たい!これからも見たい!と言う方はWOWOWに申し込んでみては如何だろうか。

 

コメント