YMYLとかE-A-Tってなんぞや?

アフィリエイト

ハロハロ!温かくなったら寒くなったりで日々の体調管理が大変だよね。

ここんとこ、ちょっと体調がよくないRavenだよw

今日は、SEOを駆使してアフィリエイトをやっているみんなが頭を抱えているYMYLや、

今後必須になってくるE-A-Tに関してめっちゃ簡単に説明していくんでよろしく!

YMYLとはなんぞや?

YMYLとは簡単に言えば、あなたのマネー(かね)とあなたのライフ(生活)

に関するジャンルに関する事を指していて、今後記事を書いていくならココは避けようねって感じw

要するに他人の金に影響する事健康や安全性に影響を与える内容のものを言うんだ。

俺たちみたいな素人が、適当な健康に関する記事を書いていたり、

この投資ファンドがおススメだぜ!みたいに書いた記事はウソっぽいから今後は

Googleでは順位を付けないぜ!!ってことだなww

具体的に言えば、

YM「あなたのお金」

分野=EC、銀行、保険、クレジットカード、キャッシュカード、証券や

FXなどの投資関連、不動産、税金と言った、客単価が高かったり

大きなお金が動く可能性のある分野。

YL「あなたのライフ」

「健康、安全性」については少し解釈が人によって違うみたいだけど、

俺が思うに、美容系は全般的に厳しく、サプリ系、健康系、

病気に関する内容や栄養に関する専門性が必要な医療分野。

今後YMYLに関するSEOで言えば今後もどんどん厳しく規制?

まぁこんな感じで、健康や金に関する内容の記事は素人が手出すんじゃねーぞ!って事だなw

まぁ、この大型アップデートでサイトが上位から一気に圏外に飛ばされて、

1000万稼いでいたアフィリエイターが収入が0になったなんて話も聞くから怖い怖いww

んでもって、この流れは今後も続くんで、俺らみたいな弱小が手出すだけ無駄って事だわな。

だって、現状で上位を独占してるのは、企業やサービスの公式HPや、行政、教育機関が上位を占め

商品の購入関係も上位はAmazonや楽天なんかのショッピングサイトだぜ?

Googleがそういうサイトを上位にするっていってるんだから、俺らにもう勝ち目がある訳が無いw

だったらどうすればいいのかって所だよね。

そこで俺らが、意識しなきゃいけないのがE-A-Tだ。

E-A-Tってなんぞや?

E-A-Tってのを簡単に言えば、専門性!権威性!信頼性!の英語の頭文字を取った造語で

専門性(Expertise)、権威性(Authoritativeness)、信頼性(Trustworthness)ってやつな。

で、これをどう解釈してばいいかって話なんだが、

専門性(Expertise)

専門性って言葉そのままだよな。

要するに、俺らが書く記事やサイト全体の内容に専門性があるかないか?

ようするに、サイト自体がその分野について専門的に書かれているかが大事って事。

要するに、スポーツ全般の記事を書いてるサイトより、サッカーの記事だけを書いているサイト

更には1リーグや1チームに関してだけを専門的に取り扱うサイトは上位表示しやすいよって事。

そうする事で検索エンジンに高く評価されて検索上位に食い込む可能性がある。

って事だな。

権威性(Authoritativeness)

次に権威性だけど、これは、人から「正しい」とか「真実だ」と

信じられている状態を作り出す事って意味だ。

ケンブリッジの英英辞典から権威性を引用して和訳してみたんだが、

showing that you are confident, in control, and expect to be respected and obeyed

containing complete and accurate information, and therefore respected

「自信があって、コントロールできて、尊敬され従ってくれる様子」
「完全で、正確な情報を持ち、それゆえ尊敬されている」

要するに、情報が正確で、みんなから信頼される人が書いた記事は上位表示するって事。

例えば、医者が書いた記事は正確だし、医者のいう事は大抵みんな信じるよな?

でもそれは、その医者個人を指すんじゃなくて、

みんなが医者ってカテゴリの人間を信じてるって意味だ。

これが権威性!

信頼性(Trustworthness)

で、最後に信頼性だが、要するにブランド力って事だ

例えば、ブランド品の財布を購入する時に、

正規品取扱店とその辺のわけのわからない販売店だったら当然正規品販売店で購入するでしょ?

だって本物をちゃんと購入出来るっていう安心感と信頼性が違うんだもの。

まぁ俺らで言う、サイトって事で言うなら運営歴が長くて、多くの人がそのサイトを訪れていて、

かつ滞在時間の長いサイトっていう捉え方でいいと思う。

まとめ

じゃ結局の所、今後どうしていけばいいんだよって話になるんだが、

俺だってどうすっよ~~って感じだわww

って事で、SEOに頼ららないで商品を売っていくにはどうすればいいかを

アフィリエイターは考えていかなきゃならないんじゃねーかな?

youtubeだったり、LINEやツイッターやインスタ。

メルマガ、もしくはこれから出てくるであろう新しいSNS?

とにかく、今後アフィリエイターが生き残っていくためには

俺らはどんどん変化していかなきゃダメだろって話w

そんな訳で今日は簡単に、YLYMとE-A-Tについて解説しました。

 

 

コメント