40代の転職!他業種から飲食業への転身はよく考えて!

男40仕事の話

やぁ。パスタ屋、ラーメン屋の経営。

焼き肉屋、しゃぶしゃぶ屋のマネージャー。

とんかつ屋店長など数々の飲食業界の経験のあるRavenだよ。

今日は40代で飲食業に転身しようかなって考えてる人にアドバイスするぜ!

まず、なんで飲食業に転身しようと思ったのかもう一回自分に問うてみてね。

今の仕事に満足していないから?

人間関係がうまくいってないから?

人とかかわる仕事がしたいから?

給料が他の業種に比べて最初から高いから?

色んな思いで転職を考えてるんだとは思うんだけど、

ぶっちゃけ、間口は広いけど過酷だよ?って話をしていくんで

飲食業に転職したいって思ってる人は是非読んでってね。

店舗の店長は管理業だけじゃない。

他業種から飲食業に来る人って店長職についてよく理解していない人が多いんだけど

仕事内容は知ってるかな?

基本は、ひと、もの、かねの管理をするのがお仕事。

これだけ聞くと、あぁそれねwって簡単簡単って思うかもしれないけど

実はこれってかなり大変なんだ。

まずは基本的な3つの管理の仕事について解説するね。

■お金の管理

まずは金の管理だけど、店舗の売上をはじめ、

客単価、家賃、光熱費、人件費といったお金にまつわる全てを管理するんだけど、

これら全てが飲食店の店長の責任になるから責任は重大なんだぜ!

特に売上に関しては、年間の売上の目標をたてるのも店長の仕事。

毎年決算後に、年次、月次、日次と細かく目標を立てなきゃいけないし、

その目標を立てるのも営業時間外だってんだからめちゃ大変。

当然、毎日の売り上げの目標を設定したにも関わらずマイナスになれば、

プラスにする様に施策を嵩練らなけらばならないし、何故達成できなかったのか、

どうすれば達成できるのかを考えなきゃならない。

当然、その利益目標のラインに乗せるために人件費を削ったり、原価を下げる案を講じたり

新メニューの開発や、集客する為の広告なんかも必要だ。

雇われ店長とは言え、最低限の売上を確保できなければ店舗の存続自体が危ぶまれてしまうため、

飲食店の店長はなめてかかると大変な事になりかねない責任重大な立場にあるんだ。

正直、これだけで飲食店の店長なんかやるもんじゃないなって考える人も多いんじゃないかなww

■食材の管理

次に、食材の管理だけど、これは店によっては料理長が担当する事もあるけど、

それはあくまで食材の歩留まりの計算とかの食材の管理だ。

基本的には食材の発注や、在庫管理、原価率などは店長の担当。

飲食店で扱う食材は生ものが多いから、発注は大体前日の営業終了間際に翌日の仕入れ分を

調べて、ファックスしたり、PCでオンライン発注したりしなきゃならない。

当然、発注する食材の量は多すぎても少なすぎても利益に関わるので、

いかに過不足なく食材の発注をできるかという管理能力も問われるんだ。

これも毎日毎日の作業なんでめちゃくちゃ大変なんだぜ?

■従業員の管理

最後に従業員の管理だけど、アルバイトやパートの面接に始まり、スタッフの教育し、

スタッフがお客様の為にどう動けばいいかを自分で考え行動出来るまで教育するのってめっちゃ大変

飲食店は「お店の顔」とも呼べるホールスタッフと、料理を作る調理スタッフの存在なくしては

営業が成り立たないだけに、この教育ってのはもう必須と言っていいだろう。

更に教育以前に、シフトの管理って仕事もあるんだが、基本的にアルバイトは大学生がメインなので

土日は遊びに行くとか、忙しいからと言う理由で中々シフトを入れて来ないので、

ちゃんと、土日に出勤できる人間を確保しなくてはならない。

でないと、忙しいのに人が足りなくて売り上げをロスしたり、料理の仕上がりが雑になったり、

顧客満足度が下がったりしてしまい目標の売上に届かないなんて事態になりかねないし、

最悪、商品の質が悪かったり、従業員が中々来ないとか言う理由で、

もう二度とあの店には行かないなんてお客さんが増えてしまう結果に。。。。

更にバイトは自分の事しか考えていないので、店がヒマだろうと予測される日に

大量にシフトを出してきやがるww

でも不必要な人間をシフトに入れてしまえば人件費を圧迫するから、当然カットするよね?

でも、そんな時に土日に出てくれる人をひいきしていると、

バイトは稼げないと言って辞めていくから、そこもうまく誤魔化しながら人を使っていかなきゃならない。

あと、試験中や、夏休み、冬休みもバイトはシフトを入れてこないので、如何に出勤させるかも店長の力量が問われるんだ。

でも、休み前は、みんな金が欲しいからやたらシフト出してくるからマジでイラっとするぜ?w

その他の管理

その他にも、衛生管理と言って、店舗がキレイに掃除されていて清潔になっているか。

キッチンや厨房は常に消毒され衛星は守られているか。

害虫などは発生していないか。

食材の管理は適温でしっかり行われているか。

店の前はきれいに清掃されているか。

など、店長と言うのは店の売り上げに関するすべての責任者だという事を覚えておいて欲しい。

要するに潤上げを伸ばす為にQSCをしっかりしなきゃダメって事だね。

QSCとは

以下の3つの頭文字で飲食店経営の基本ともいえる用語だ。

「Quality(クオリティ/品質)」

料理の味はおいしいか、盛り付けは美しいか、量目は適切かつレシピ通りか。

「Service(サービス/品質)」

笑顔での挨拶や接客、お客様のニーズを先取りしたサービス、お客様が気持ちよく食事をしてもらえるサービス全般ができているか。

「Cleanliness(クレンリネス/清掃状態)」

キッチン、ホール、トイレは清潔で、衛生管理がしっかりと出来ているか。

これだけの事を全部やって、さらにオペレーションにも参加するんだぜ?

次は実際に俺がやっていた仕事の時間割を紹介するぜww

こんだけの仕事を未経験からやれるのか?

ちなみに俺が、店長業をやってた時は、一日16時間拘束w

出勤は朝10時、仕込みをしながら11時30分に開店14時に一旦閉店。

実質そこから16時までは休憩時間のはずなのだが、仕込みがある為休憩は取れず、16時の開店。

そこから24時まで営業。

その後、売り上げ計算、仕入伝票のまとめ、日報作成など一日の仕事が終わるのが深夜2時。

月中や月末は在庫の原価計算などでそこから更に3時間の拘束。

なかなか鬼畜やろ?でそんな店長の給料が・・・・・・・・・

給料

こんなに大変でも給料は33万円手取り28万円。

休みは月に6~7日、人手が足りない時は50日間休みが無いなんて事もあったなぁww

正直、時給換算したら幾らだよって世界。

これでもまだ飲食業界に転職したいと思うかな?w

まぁでもこの下積み時代を如何に精力的にこなすかで、マネージャー職になれたりと

40からでもキャリアUPの道はあるかもね。

飲食店への転職は飲食店専門の転職サイトで選ぶべし!

そんな飲食業だけど、入社する会社によっては苦労しないで済む場合もあるので、

そんな事例も一応紹介しておくね。

これは元同僚がやっぱり転職で、飲食から飲食への転職だったけど成功したって話なんだけど、

そいつは転職サイトに登録して転職したんだけど、その内容がかなり心惹かれる内容だったんだわ

そいつが言うには、転職希望の登録すると担当者から連絡が来て、

自分のやってる仕事とか給与とか色々な話を面談して自分のスキルに見合った会社を

一緒に仕事を探してくれる感じなんだって。

もちろん他業種からの転職でもいいみたい。

いざ面接してみようかなって会社が決まると履歴書の添削までやってくれた上に、

面接の日取りや給与交渉までやってくれるんだってさw

俺の元同僚は、そのサイトで登録して転職先を探しながら仕事していて

登録して一か月以内に自分の条件を満たしてくれる会社が数社見つかり、

面接しサクっと内定が決まり転職が決まってしまいましたww

こんなにトントン拍子で話が進むなんてなんだか変な気分だって喜んでたわw

結果的に転職して変わった事

そしてそいつは転職して、まず完全週休2日になりました。

拘束時間が10時間になりました。

1店舗に社員が3人いると言う環境で一人で行う仕事が減りました。

給料が年俸制で契約料金が600万円になりました。

借り上げの社宅があるので家賃が2万円の負担だけで済むようになりました。

俺やそいつがいた企業と比べてどうですか?この待遇の差。

これを聞いて俺が思ったのは、会社を選ぶ際は普通の転職サイトで探すより

こういった飲食業専門の転職サイトで探す事で良い会社が見つかるんだなって事。

俺は、普通に転職サイトで仕事を探しちゃったから変な会社に入っちゃったのかもしれないw

転職を考えている方や、もっと自分のスキルを高く売りたいと言う方は

【H Agent】に相談してみるといいかもしれません。

ぶっちゃけ私はもう飲食業はコリゴリですけどwww

 

コメント